スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンパイア騎士 第8夜 嘆きの銃声~ブラスト~ 感想文

もうさ。黒主学園じゃなくって、エロス学園だよねぇ~ ハァハァ
優姫、ちょw、顔、赤らめすぎだろ! このビッチが!w
でも、それが、とってもイイんですよねぇ(*´д`*)

ところで、
1.零、出かける
2.優姫、ひそかに、あとをつける
3.優姫、レベルEのヴァンパイアに襲われる
4.零、優姫を助ける
っと。

以前にも、↑のようなことがあったようなw
んーーー。
優姫は零を心配して助けようと行動するんだけど・・・
あれれ、いつのまにか、優姫が零に助けられちゃってますよぉ~w ってね。
やれやれ。
そして、優姫は零のことを、ますますカワイイと思ってしまうのね。 うん。
零は零でアブなっかしい優姫をますます守ってやらねばと。
でも、オレは・・・ と零は、おのれの運命を呪う。

ところで、枢は、なに考えてんでしょうかね?
枢に吸われたくてしかたないオンナがいる。
けれど、枢は吸わない。 ホントは吸いたいんだろうけど。
だって、かつて一度だけ吸ったらしいから。
けれども、そのせいで、優姫は、枢に対して、距離を置くようになっちゃったと。
だから、枢は、もう二度と吸うつもりはないのだろう。
もし今度、ほかのオンナを吸ってしまったら・・・
今度こそ優姫が遠くへ行ってしまいそうで、コワイ、、、なーんてねw
どうやら、枢は、優姫に操を立ててる気でいるんだろうなw もう浮気は、しないよ、と。
枢って、案外、臆病なのかな?

枢には、立場とかイロイロなしがらみがあって、零のようには自由に行動できない。
だから待つことしかできないのだろう。
とにかく待つ、ずっと待つ・・・そのときが来るまでは。
それまでは、零を優姫の盾として利用する、と。
だが、ホントは、それもツライんだなぁ~ これが。
零が優姫と一緒にいて、零が優姫を吸っている、と考えるだけで・・・ ぁぅぁぅぁぅ
枢は、胸が張り裂けそうなのかもねw

まぁ、とにかく、零にも、枢にも、悩みは あるってことよ。
そして、その原因が、優姫ってわけでね。
でも優姫は、そんな彼らのせつない気持ちを察してあげられない。
アーパーですから。 でも、そんな優姫が大好きです、ハイ。

えーっと、今回、ウサン臭いジイさんが登場しましたが・・・
次回も、またまた、あやしいキャラが登場ですかw  って、中原さん?
・・・こないだの倫理の先生といい。
ホント、こゆーい人ばっかだなぁ~ この学校にあらわれる人って、さw


http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200805270000/
http://ameblo.jp/adam/entry-10102567447.html
スポンサーサイト
★訪問者数にょろ
★月別アーカイブにょろ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。