スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN 06 太平洋 奇襲 作戦 感想文

アーニャのナイトメアの破壊力ってば、スゲーよ。
なんなんだよ、あのビーム!
あんなの喰らったら・・・たまんないねw

まぁ、それはイイとして。
困っちゃいましたね、ルルーシュは。
ナナリーの口から「みずから、のぞんで、エリア11の総督に・・・」とか、聞かされて。
さらには、ナナリーは、ユフィの意思を継ぎたい、とも。
そして、なんと、なんと、ゼロに同調すら求めた。
ルルーシュの脳裏には、悪夢がよみがえったのか?
ギアスが暴走したせいとはいえ、結果的に、ユフィを死に至らしめた。
その引け目も、あるだろう。
そして、なによりも、それが最愛のナナリーの夢であり希望であるのだから。

ルルーシュは、ゼロは、悩む。
ナナリーには恭順でありたい、と願う。
そして、今のナナリーはブリタニアの一部であり、
だとすれば、ブリタニアに反逆する意味は、理由は、あるのだろうか、と。

ナナリーの意思を無視してまで、ブリタニアを倒す、とか。
できないのでしょうねぇ~ こりゃ困ったぁ~ どうする?ルルーシュ!
ルルーシュのギアスは、ナナリーには通用しないでしょうから。
ギアスで「ナナリー、お兄ちゃんの言うことを聞くんだ!」とか・・・できないしぃ~
そもそも、ナナリーの意思や記憶だけは、操作したくないんじゃないかなぁ~
本当に愛する人の気持ちだけは、いじりたくない、でしょうし。
ルルーシュってば、ホントに、ナナリー大好き、だもんねぇ~

ルルーシュにとっては、
大好きなナナリーに嫌われることほどツライことはないのでしょうね。
だから、ナナリーの意思を尊重してあげたいのだが・・・

ルルーシュの行動の目的は、ナナリーが安心して暮らせることで。
日本の独立とかは、正直、どうでもよいこと。
ナナリーがエリア11の総督になれば、
それはそれで、ナナリーは安心で安全に暮らせるのかなーと。
ルルーシュは、ちょっと思ったかな。
ただ、ナナリーが、ずっと、総督でいられる保証は、どこにもないわけで・・・
かりに、エリア11での独立運動が沈静化し、
ゼロの影響力が弱まれば、ナナリー総督は用済み、ってコトにもなりかねない。
ブリタニアは信用できない。
だからこそ、ブリタニアを倒さなければならない、とルルーシュは思うだろうけれど。
だが、それは、本当に、ナナリーのためなのだろうか、とも。

ナナリーのしあわせって、なんなんだろうか。
ルルーシュは、ただただ、それだけを思案している。

それにしても・・・
ルルーシュってヤツは、自分とは無関係な人間には、ひどく冷血だよね。
ブリタニアの軍人だか軍属だかに、簡単にギアスをかけて、
そして「死ね!」とか、これまた、いとも簡単に命令するしぃ~
まぁ、敵だから、しょうがない、といえば、そうなんだけど、さ。
うーむ。
ナナリーに対する愛情とは対極にある感情。
ちょw コワイよ ルルーシュの人格の二面性が、さ。
スポンサーサイト
★訪問者数にょろ
★月別アーカイブにょろ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。