スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RD 潜脳調査室 第3話 リダイブ 感想文

あいかわらず、世界観みたいのは、わっけわかりません。
ただ、あいかわらず、女の子たちはムッチリしてる。
とくに、ふとももの太さは、他の追随を許さない。
ふとももフェチの人、必見のアニメ!・・・かな?

だんだん、ミナモちゃんの声にも慣れてきました。
正直ね、最初はダメでした、この声。
でも、でも。
慣れとは恐ろしいモノで・・・だんだん良くなってくるから不思議だ。

それは、そうと。
メタルって、なんだ?
コンピュータの中の”海”なんですかね?
そんでもって、波留ジイさんが、そこに潜る、と。
まぁ、そんな、お話なんだろうけれど・・・

いやぁ~ でもでも なかなかイイ感じですわぁ~

いまの自分にできることを見つけ、自分に足りないモノは誰かにサポートしてもらう。
こういう思考って、大切ですよね。
本物の海には潜れなくなっても、ちがう”海”には潜れることに気づいた。
それから、ミナモちゃんの助言を、バカにせず、素直に受け入れた。
だから、波留ジイさんは前向きになれたし、うまくいったのかな。

うん。いい話だった。
スポンサーサイト
★訪問者数にょろ
★月別アーカイブにょろ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。