スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARIA The ORIGINATION #12 その 蒼い海と風の中で・・・ 感想文

試験当日は・・・
朝から、雨。
雨。雨。雨。雨。雨。
あー、雨ですかぁ~
雨って、いいよねぇ~
花粉が飛ばなくってさぁ~~~

・・・ ・・・ ・・・
えーっ、ここからマジメに感想文を書きますからw

でも、でも。
かえって、雨降って、よかったのかもね。
午前中の雨のおかげで、さ。
灯里ってば、緊張がとけたかな?
昨晩、眠れなかったぶん、午前中に眠れたしぃw
とりあえず、睡眠不足だけは解消されたみたいだしぃ~
うん、うん。
良い雨だったねぇ~

午後は、晴天!

あー、そうか、そうか。
雨が降った後でも・・・
晴れた日には、晴れた日の素敵な場所があるように・・・
雨上がりには、雨上がりの素敵があるんですよねぇ~
水が演出する景色って、たしかに、ありますよねぇ~
同じ場所なのに、雨が降ったせいで、違って見えるコトって・・・あるあるww
水たまりに反射する太陽の光ってのも、ときとして素敵に映るよねぇ~

あぁ、いつの間にか、なんだか、自分が灯里のゴンドラに乗ってる気分にw
雨上がりの、あの澄んだ空気って、さ。
いいよねぇ~
あのスーッと喉を潤す感じがねぇ~
なんとも、爽やかだよねぇ~~

どこを通っても、かならず誰かが声をかけてくれる。
どの場所にも、その場所の素敵を見つけられる。
もう、灯里は、この町と、このネオ・ヴェネツィアと、一体だね、こりゃw

灯里が織りなすハーモニー。
まず、その想いは、手からオールへと伝わる。
そして、オールから水へと。
だから、灯里のゴンドラは、水と一体になるのだろう。
さらには、この町とも、この星とも。

なんという安定感だろうか!

やっぱ、さ。
プリマになるってのは、さ。
ゴンドラ操舵の技術、とか、観光案内の知識、とか、
もちろん、そーゆーのって、必要だけどね・・・
でも、でも。
それだけじゃダメって、ことね。

好きだ、という気持ち。
ウンディーネという仕事が大好きでないと。

それには・・・
ゴンドラを愛し、水を愛し、この町を愛し、
なによりも、ここで出会う人たち全てを愛する。
これが一番大事なのでしょうね。
灯里には、それが、できている。
だから、灯里は、プリマに、ふさわしい。

誰しもが、
ひとたび灯里の操舵するゴンドラに乗れば、
灯里のそのひたむきな想いを、
胸に感じ取ることでしょうねぇ~~~

いいなぁ~
乗ってみたいなぁ~
灯里のゴンドラにさぁ~~~

あ、でも、その前に・・・
アリスたんのゴンドラに、っとw
スポンサーサイト
★訪問者数にょろ
★月別アーカイブにょろ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。